タイトル

当てはまったらアウト!?30代で転職に失敗する人の4つの特徴




30代になると求人の採用枠はグッと減るのは事実ですが、その一方で30代以上であっても優秀な人材だったら採用したいという企業は多いです。

しかし、チャンスをうまく掴めず転職に失敗する30代もとても多い。

そこで今回は、30代で転職に失敗する人の特徴について4つ紹介しますので、ぜひ自身の転職に役立ててください。

1.転職の動機に問題がある

会社でも中堅クラスになる30代は、課長や係長などの中間管理職についたり、役職がつかずとも社内では“先輩”という立場になっていきます。

とりわけ中間管理職世代の30代は、社内での人間関係がより複雑で難しくなっていきます。
上司からは何かにつけて「管理職なんだから」「社歴が長いんだから」と言われてしまい、やりたくない仕事まで押し付けられてしまうことも多くなっていきます。
また、部下や後輩になめられたり、失敗をカバーする羽目になったりすることも多いのです。
こうしたストレスと相まって「まだ若さが残されている」という自負もあり、現状から逃げるために転職を選ぶ人が多いのですが、これがよくありません。
仕事のストレスに悩む
仮に転職できたとしても周囲からは“年齢的に仕事ができて当たり前の人”と見られるので、結局は転職しても環境は改善されません。

現状のストレスから逃れることが第一優先の転職は失敗するのです。

【関連記事】職場の人間関係でもうギブアップ!仕事を辞めたいときの解決策

2.目先の収入に惹かれる転職はうまくいかない

30代になると取り巻く環境が変化するのは社内だけにどどまりません。

結婚して子供ができる年代でもありますし、親もだんだん歳をとっていき、介護や介助が必要になってきます。プライベートにおいても大きく環境が変化するのが30代なのです。
それに伴って、子供の養育費や親への援助などのために出費も莫大になっていきます。
30代で転職を考える人にはこうした経済的な事情が背景にある場合が少なくありません。今の会社の給与では生活が成り立たないと考えるわけです。
このようにして多くの人は、職種や業種、自分のやりたい仕事は二の次にして、もっと給与の高い会社はないかと探し回ります。今より給与が良くて、自分を拾ってくれる会社ならどこでもいいと思っているのです。

願い叶って給与の高い会社に就職できれば、家族もいったんは安堵するでしょう。

しかし、目先の収入を第一優先にした転職は、後になって必ず、歪みが浮き彫りになってきます。

そもそも採用時点で提示された給与がそもまま継続される保証すらないのですから、目先の収入目的で転職するのは非常に危険なのです。

【関連記事】より良い転職のための【仕事の選び方】最優先すべき3つのポイント

3.自分の市場価値がわかっていない

中途採用の場合「この部署でこういう仕事ができる人」というような、かなり的を絞った採用が行われます。

しかしながら、30代の転職で失敗する人は、新卒の感覚で転職にのぞんでいる人が非常に多いのです。

新卒採用の場合、全くスキルがなくても「明るい人柄で、積極性もある。磨けば光るかもしれない」というような感じで、将来の可能性が評価されます。
ところが、中途採用の場合、特にある程度キャリアを積んだ30代であれば“すでに磨かれて光っている人かどうか”が評価されるのです。


ですので、まず自分の市場価値とマッチする求人なのかどうかをしっかり見極めていく必要があります。例外もありますが、基本的には100%未経験の職種、異業種への転職はかなり難しいか、転職できたとしてものちのち「想像していたのと違った」と、失敗に終わってしまうケースが多いのです。

【関連記事】【未経験から異業種へ】失敗しない転職をするためのコツとは?

4.「アピールできる材料」が不足している

中には「自分は転職の動機もしっかりしているし、自身の市場価値もわかっている。でも採用は一社ももらえていない」という人もいます。

この場合、書類や面接で企業に対してアピールする材料が不足しているケースが多いです。
中途採用されない30代男性
ようするに、自分のセールスポイントが相手側にわかるように伝えられていないということです。
その結果、面接官は「話しはわかったが、結局何ができる人なのだろう」という具合になってしまい、採用まで至らないという感じです。

そこで、応募する前に自分のセールスポイントをしっかり整理しみましょう。
  1. 社内でどんな役割を担い、どの程度の責任があったのか
  2. 専門分野の技術レベルはどのくらいあるのか
  3. アピールできる資格はないか


こうしたことを具体的に箇条書きにしてまとめておくと、面接のときなどに相手にわかりやすく自分をアピールすることができます。

【関連記事】転職の面接で受からない人の5つの特徴と改善策

まとめ

ここまで、転職に失敗する30代の人の特徴について紹介してきました。

転職は年齢が高くなればなるほど、うまくいく人、そうでない人がハッキリ分かれる傾向が強くなります。

30代で転職に失敗する人のほとんどは、本記事で紹介した4つの特徴のどれかに当てはまると思いますので、これから転職を考えている人はぜひ参考にしてくださいね!