タイトル

肥後すっぽんもろみ酢の飲み方をマスター!効果アップの秘訣を紹介




肥後すっぽんもろみ酢の効果的な飲み方は、相乗効果のあるものを上手に活用することです。

そうすることによって、肥後すっぽんもろみ酢の効果アップを期待できるのです。
  1. 肥後すっぽんもろみ酢の効果アップが期待できる2つの飲み方
  2. 肥後すっぽんもろみ酢の効果ダウンにつながるもの

肥後すっぽんもろみ酢の効果的な飲み方①
ビタミンCを多く含む食品と一緒に

基礎代謝を上げるためには、血行を良くするための筋肉が必要。

そして、筋肉を増やしたり強化したりするには、体外から必須アミノ酸を摂取する必要がありますが、十分な必須アミノ酸を食事から摂取するのはかなり大変。

ですから、手軽にアミノ酸が摂取できる肥後すっぽんもろみ酢は人気なのです。
しかし、そのアミノ酸が効率よく吸収されたり、体内で効果的に働かなければ、肥後すっぽんもろみ酢の効果は半減してしまいます。
そこで、肥後すっぽんもろみ酢のアミノ酸の吸収や働きを促進する食品を紹介したいと思います。

まず、1つ目がビタミンCを多く含む食品です。

ビタミンCはアミノ酸が体内で新しい細胞を作ったり、筋肉が作られるために必要な酵素やホルモンの材料になったりするという側面から、アミノ酸の働きをサポートします。

また、ビタミンCはコラーゲンの生成にも大きく関わっています。

コラーゲンは、筋肉の形成に必要不可欠なタンパク質であると同時に、腱や骨格などの「筋肉を支える組織」の形成にも必要不可欠なのです。

このような理由から、ビタミンCは、肥後すっぽんもろみ酢を後押しする栄養と言えるわけです。

しかし、ビタミンCは私たちの体内で作ることができないため、食事から摂取する必要があります。

厚生労働省が「日本人の食事摂取基準」2015年版で推奨するビタミンの1日の摂取量は、成人した男女ともに85mgとなっています。
ビタミンCはブロッコリーやイチゴ、みかん、柿などの緑黄色野菜にも多く含まれるほか、イモ類や緑茶にも多く含まれます
緑黄色野菜
ビタミンCは水溶性で熱に弱いため、ビタミンCを含む食品は、火を通さず生で食べるとよいでしょう。

また、ビタミンCは食後に摂取するとより吸収されやすくなります。

肥後すっぽんもろみ酢の効果的な飲み方②
ビタミンBを多く含む食品と一緒に

肥後すっぽんもろみ酢を後押しする食品の2つ目は、ビタミンBを含む食品です。
実は、ビタミンBは、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの合計8種あり、包括的にビタミンB群と呼ばれることが多いです。
これら8種のビタミンBは、それぞれ互いに強力し合いながら、さまざまな体内の代謝に大きく関わっています。
特に、ビタミンB6はアミノ酸の代謝に必要な栄養素です。


アミノ酸は腸で吸収されると、糖質や脂質からアミノ酸を再合成したり、逆に糖質や脂質に変換されたりしていきます。

要するに、アミノ酸は体内に吸収されると、壊されたり、再び作られたりしていくわけです。

この過程で筋肉も形成されていきます。

こうした「アミノ酸の代謝」には、体内の酵素が関わっているのですが、その「酵素」はビタミンB6と結合しないと働くことができません。

ですから、肥後すっぽんもろみ酢のアミノ酸が体内で効果的に働くためには、ビタミンB6がどうしても必要になるのです。
ビタミンB6は、マグロ、サバ、鮭などの魚類、レバーや鶏ムネ肉、緑黄色野菜、バナナやパイナップルなどのフルーツ類に多く含まれます


サバ

肥後すっぽんもろみ酢で効果ダウンにつながる「飲み物」を避けよう

前項までのお話しで、肥後すっぽんもろみ酢を効果的に働かせる食品について紹介しましたが、逆に気をつけて欲しい食品(飲料も含む)もあります。

日常生活の中でぜひ注意していただきたいのが、飲み物です。

私たちが普段何気なく飲んでいる飲み物でも、注意しないと肥満を大きく引き寄せてしまうものがあります。

近年、健康志向や、ダイエット志向が高まっていることから「糖質ゼロ」をうたった飲料が非常に多くなっています。

確かに「糖質」は肥満を引き起こす最大の原因です。

しかし、「糖質ゼロ」をうたっている飲料は、実際は糖質ゼロではありません。
糖質ゼロ飲料
日本では、現代病の予防や健康維持の推進のため「健康増進法」という法律に基づいて栄養の表示が定められていますが、糖類や糖質は一定の量以下であれば「糖質ゼロ」とうたってよいのです。

さらに、表示する義務がない糖類に関しては、どんなにたくさん入っていても表示する義務はありません。
つまり、糖質に関しての表示のルールは、かなり緩いのです。
巷に溢れる「糖質ゼロ」の飲料には、糖質がかなり含まれている場合があるため、きちんと栄養成分のチェックをした方がよいでしょう。
こうしたものは、肥後すっぽんもろみ酢のダイエット効果を低下させてしまう恐れがあります。

肥後すっぽんもろみ酢の効果ダウンにつながる「フルーツ」にも要注意

フルーツは美容や健康にも効果的です。
フルーツ
フルーツを効果的に摂取することによって、ビタミンや食物酵素を摂取することができます。

しかし、フルーツにも落とし穴があります。

フルーツの甘味を構成しているのは、果糖、ショ糖、ブドウ糖の3種類で、果糖が一番甘味が強く、ショ糖、ブドウ糖と続きます。

このうち、果糖にはぜひ注意していただきたいと思います

通常、私たちは食べ物を食べると、食べ物に含まれる「糖」によって、血液内のグルコース濃度(血糖値)が上昇します。

そうすると、満腹中枢が刺激を受けて、食欲が満たされる形になります。
しかし、果糖は摂取しても血糖値がほとんど上がらないため、満腹中枢が刺激されず、食べ過ぎてしまうのです。
しかも果糖は、ほとんど肝臓で代謝されますが、余った果糖は脂肪に変換されやすいという特徴があります。

果糖は、ブドウやリンゴ、キウイなどに多く含まれています。

さらに言えば、それ以上に注意していただきたいのが、フルーツジュースです。
フルーツジュース
一見すると、健康的な印象も強いフルーツジュースですが、表示をよくチェックするようにして下さい。

多くの場合「果糖ブドウ糖液糖」とか、「ブドウ糖果糖液糖」などと表示されていると思いますが、この場合、「果糖」が先頭に記載されている前者は、果糖が多いことを示しています。

先ほど説明した通り、糖の中でも果糖は満腹感を感じにくい糖ですから、覚えておくとよいでしょう。

こうしたことも肥後すっぽんもろみ酢のダイエット効果を脅かす要因となってしまいます。

これらの食品や飲料には注意しつつ、肥後すっぽんもろみ酢を使用するとベストです。