タイトル

内臓脂肪を効率良く落とす秘訣は運動する時間帯にあり!




内臓脂肪は普通預金、皮下脂肪は定期預金などと言われますが、内臓脂肪は定期預金のように取り崩すのが簡単。

つまり、内臓脂肪は運動で比較的落としやすいのです。

とはいえ、忙しい日常の中で運動のためのまとまった時間を取るのはなかなか難しい。

ですので、内臓脂肪の減少にもっとも効果的な時間帯に運動してほしいと思います。

効果的な時間帯に運動をおこなえば、内臓脂肪の燃焼効果がアップ

成長ホルモンという言葉を聞いたことがあると思いますが、この成長ホルモンは文字通り身長を伸ばすなど“体を成長させるホルモン”です。

しかし、成長ホルモンは体を成長させる役割以外にも重要な役割を担っています。

それはつまり、体内の物質をエネルギーとして使える物質に変換すること。ようするに、体内の脂肪を分解する働きがあるのです。

成長ホルモンの分泌は睡眠中に盛んになります。

また、成長ホルモンは運動によって激しく使われたり、筋繊維が壊されたりした後にもたくさん分泌されます。
運動
こうしたことを踏まえると、夜の時間帯に運動するのがもっとも内臓脂肪の燃焼に効果的と言えるでしょう。

なぜなら、睡眠+運動のダブル効果でたくさんの成長ホルモンが分泌される形になり、より内臓脂肪の燃焼が促進されるからです。

おすすめなのは、入浴前に運動すること

夜に運動すると成長ホルモン効果で内臓脂肪が落ちやすいわけですが、具体的には入浴前に運動するとよいでしょう。

就寝直前に激しい運動をしてしまうと、交感神経が活発になってしまい、睡眠の質が悪くなるので成長ホルモンの分泌が妨げられてしまいます。
ですので、まず運動をして成長ホルモンの分泌を促し、その後の入浴でリラックスして副交感神経を優位にする。
副交感神経が活発になると質の良い睡眠ができるので、さらに睡眠によって成長ホルモンがたくさん分泌されるということになるわけです。

どのような運動が内臓脂肪の燃焼に効果的?

前項までで、内臓脂肪を落とすために効果的な運動する時間帯について解説してきました。

これに付随して大切になってくるのが、どのようにな運動をすればいいのかということ。

内臓脂肪を落としてぽっこりお腹を解消したいなら、一般的に知られている腹筋をしてお腹の筋肉を鍛えればよいと思っている人は多いですが、実はそれではお腹のお肉を引っ込めることはできません。

仰向けに寝た状態から頭を抱えて上体を起こす腹筋運動は、効率的に腹筋に負荷をかけられないだけでなく、首を痛めてしまう可能性があるのです。
腹筋
安全かつ効率的に内臓脂肪を落とす運動方法に関しては、やはり専門家が書いている書籍を参考にすることをおすすめします。

内臓脂肪を落とす正しい運動についてのハウツー本

一覧表
画像 50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える 内臓脂肪を落とす最強メソッド

1位

5秒トレで燃えよ! 内臓脂肪

2位

世界一効率がいい最高の運動

3位

内臓脂肪をとってすっきりおなかを凹ませるコツがわかる本

4位

すぐわかる内臓脂肪の減らし方

5位

題名 50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える 内臓脂肪を落とす最強メソッド 5秒トレで燃えよ! 内臓脂肪 世界一効率がいい最高の運動 内臓脂肪をとってすっきりおなかを凹ませるコツがわかる本 すぐわかる内臓脂肪の減らし方
定価 1.404円 1,058円 1,620円 1,200円 1,200円
購入 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

※税別価格です



どの本も図解でわかりやすく説明されているので、ぜひ参考にしてくださいね!